ツーリングセロー10,000Km突破記念レビュー

4.5
セロー10000㎞突破セローな日々

久しぶりの投稿です。

購入してから約2年半が経過したところで10,000Kmを突破したのでここまでのレビューを書きたいと思います。

利用用途としては主に街乗りです。千葉と埼玉の往復(約200㎞)を月に1~2回使用しております。

【走行性能】
・日本の市街地で走らせるのにはちょうど良いパワー&ギア比です。全く問題ないというかこのセッティングが自分にとってベストな気がします。加速も100㎞迄はストレスなくスムーズに吹け上がります。ただ、100kmを超えた当たりから少し加速が鈍くなりますのでそれ以上の高速性能を求める方や新東名のようなハイスピード高速道路を常用利用する方には向かないかもしれませんね。

低速域での粘りは空冷単気筒SOHCならでは?エンストしにくいです。以前、CRF250に乗った時はここまで低速の粘りはありませんでした。少し回してクラッチをつながないと心許ない感じでしたが、セローはアイドリングで少々雑に繋いでもエンストする気配はありません。

因みにserrow225の場合、1速のギヤ比の関係もあり、更に粘りがあるのだそうです。スゲー。

 

【快適性】
・ブロックタイヤ&単気筒エンジンで振動が酷いのかなーと思いましたがそんな事はありませんでした。以前、SRに乗っていたので単気筒の振動をある程度覚悟しておりましたが、SRはワザと振動(鼓動)を演出する仕様となっていたようです。セローはきちんとバランサーで調整しているので不快な振動はありません。(SRも回さなければ心地良い振動ですヨ)

・オフ車としてはフルスケールのタイヤサイズなのでギャップを拾わない点はかなり良いです。これはオフ車全般に言えるのでセローに限った感想ではありませんが。。。

 

【耐久性】
・10,000Kmを超過しましたが、これと言って故障はありませんでした。一度、エンストが頻発する時期がありましたがリコール対策をしてもらってからは症状がなくなりましたので問題なしです。使い方にもよりますが林道ツーリングとかハードな使い方をされる場合、メンテナンスもしっかりやらないと、色々と不具合が出るのではないかと思いますのでご注意下さい。

 

体重約70~80㎏程度の男性が10000㎞走った時のタイヤの摩耗状況はコチラ↓

〇リアタイヤ

 

〇フロントタイヤ

フロントは少し細かいヒビが入ってきましたが、スリップサインまで届いていないのでもう少し使えそうです。グリップ感も今のところ問題無し。純正のブロックタイヤは長持ちしますね。体重や使い方にもよるかと思いますが、平均して13,000~15,000㎞位は行けそうな気がします。

 

【燃費】
・以前、別のレビューでもお伝えしましたが満タン(9.3L)で約300㎞走りますので約32㎞/L程度は走ります。高速使うともう少し上がりますね。昔の2st原チャリより走るレベルです。

 

こんな人にオススメ
・街乗りメインだが釣りやキャンプ等アウトドアにも使いたい。
・峠や山にツーリングに行きたい
・軽くて取り回しの良い250㏄がいい(軽くて高速使えるバイクがいい)
・初めてのオフ車選びで迷っている
・オフ車が欲しいが足つきが心配だ(オフ車の中では足つきは良い方)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました