セローでロンツー!ケツ痛対策は?

serrowお尻セローな日々

セローで長距離を走行するとお尻が痛くなる?

以前、似たような記事を書いた気もしますが、気ままに思った事をどんどん書いていきたいと思います。最近、埼玉と千葉の往復をする機会が多いです(遊びではありません)。

大した距離ではありませんが、下道ノンストップで約80km(1.5時間~2時間程度)です。ちょっとケツが痛くなります。途中、小休憩を挟めば大した事はありませんが、もう少し改善出来たら更に理想のバイクに近づきそうです。

ロンツー対策にはツーリングシート(ハイシート)

ネットで色々調べてみるとやはり、Y’sギア製のツーリングシートがド定番のようです。しかし、値段が約25000円程度。。。うーん、費用対効果を考えるとそこまで費用をかける価値があるのだろうか?と悩んでしまう、微妙な価格帯です。(いいとこ突いてきますな、ワイズギヤさん)

 

 

そんなコスト重視な方にはゲルザブも有りかもしれません。但し、ゲルザブって座面の角度は変わらないかと思うんですよね。要はセローの純正シートは横から見ると後ろ上がりになっているのです。

この傾斜が曲者でもしかするとこの傾斜が原因でケツ痛が発生しているのではないかと個人的には予想しているのです。

もし、この仮説が正しければ、ゲルザブを敷いても傾斜角度自体は変わりませんから、劇的な効果は得られないのでは?でも、クッション性やお尻の形状にフィットする点を考えれば多少は効果があるかも。。。

気になるゲルザブのお値段は、、、約1万円!

 

ゲルザブは形状というかタイプがいくつか在りまして、オフ車の場合、タイプDが良さそうです。

 

という訳で、結論としては、、、以下のようになりました。

コスト重視の人:ゲルザブ

性能、見た目重視の人:ツーリングシート

長距離通勤や毎週必ず長距離走行する方はツーリングシートでも元が取れるかもしれません。

最後に、注意点としてこれらの対策をすると1~3cm程度シート高が上がります。元々足つきがギリギリの方は危ないのであまりオススメしません。たまにオフ車で信号待ちしている時に片足のつま先でギリギリ支えてる人がいますが、強風の時とか結構危ないんですよね。そういう状態でシート高を更に高くしちゃうと、バイクを更に傾けて片足支えするので体に負担がかかるし、立ちごけリスクが高まります。また、シート高が上がるとハンドルとの距離が遠くなります。そんな方におすすめなのは下記に紹介しますが、バーライズキット(ハンドルアップスペーサー)と呼ばれるハンドル高を調整するパーツを付ける方も多いようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました