モンキーFI(50cc)各部機能の説明。ブレーキ周り

モンキー

モンキーのブレーキシステムについて

今回はモンキーのブレーキについて解説します。モンキーのブレーキは前後輪共にドラム式ブレーキを採用しています。バイクのブレーキシステムはほとんどがディスク式ブレーキかドラム式ブレーキです。

ディスクブレーキの仕組み

ディスクブレーキはご存知の通り、タイヤとディスク(タイヤと平行に回る円盤状のもの)が、同時に回っており、ブレーキをかけると、パッドと言われるディスクを締め付けるパーツがディスクの動きを強烈な摩擦力で抑制します。

ドラム式ブレーキの仕組み

ドラム式ブレーキは、ディスクではなく円筒状のドラムをタイヤと一緒に回しており、ブレーキをかけると、このドラムの内側から外側に向けてブレーキシューというパーツがドラムの内側の壁に向かって強烈な摩擦を起こします。この摩擦力を活用し、タイヤの動きを抑制するわけです。

両者の特徴

どちらが優れているか?とは言い切れないのですが、一般的に言われる両者の特徴はディスクブレーキは放熱性が高いという点。逆にドラムブレーキは放熱性は低いが構造が単純なため、割りとローコストで作成が可能。個人的な感想ですがディスクの方が若干コントロールし易いと思います。ユーザー側の力の入れ具合に応じて制動力の強さが比例するイメージです。握る強さと制動力のパワーカーブが綺麗に一致するイメージです。

ドラム式の場合らユーザー側の力の入れ具合により、実際のブレーキのかかり具合がリニアに比例すれば良いのですが、パワーカーブに山があります。徐々に力を入れるとあるところで急にブレーキのかかりが強くなるイメージです。慣れればなんら不便は感じませんが。

モンキーのブレーキアームの写真はこちら

(フロントのブレーキアームは武川社製のものに換装してます)

補足!

上記、ブレーキシステムの事を色々書きましたが、これはモンキーに限った話ではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました